交通事故直後の対処方法(被害者版)

交通事故直後の対処方法

 

 

あなたが交通事故被害者になってしまった時、きちんと初期対応をとれるでしょうか?
事故にあってしまったショックで冷静に行動できない可能性の方が高いです。
けがをしてしまっている場合も同様です。
ここでは交通事故被害者になってしまった場合の基本的な対処方法をお教え致します。

本来なら、これらの事は加害者がしなければならない事ですが、事故によって冷静さを失っているのは加害者も同じです。
加害者が行動を起こさない場合、今後の示談の交渉を有利に進めるためにも、被害者側もきちんと初期対応を行いましょう。

 

1.けが人の救助を行う

 

 

先ず必ずやらなければならないのは、けが人の救助です。
あなたがけがをしている場合でも、他にもけが人がいる可能性があります。

加害者側の方がけがが重い可能性もありますし、同乗者も救護しなければなりません。

先ず、救急車を呼び、自分自身とけが人の安全を確保しましょう。

 

2.警察へ速やかに通報する

 

 

本来であれば、加害者がやらなければならない事ですが、加害者のけがの状況によっては被害者が行う事も必要です。
また、加害者が事故による免許停止や免許取り消しを恐れて、警察に通報するのを嫌がる事もあります。
そのような場合、比較的軽傷だったりすると、少し有利な条件に思えるような内容で示談をその場で持ちかけてくる事もありますが絶対にその場で示談に応じてはいけません
示談交渉はその場での口頭でも有効とされてしまいます。
後日、治療費が発生したり、後遺症が発生した場合でも損害賠償を請求することができなくなってしまいます。

必ず、警察に連絡し事故内容を報告して人身事故扱いにしておくことが必要です。

 

3.事故状況を記録する

 

後で行う示談交渉や慰謝料請求、損害賠償請求をスムーズに進めるために、加害者の氏名や住所は勿論の事、自賠責保険や任意保険の保険会社名や車両ナンバー、勤務先も聞き出し、メモをしておく必要があります。
メモ用紙がない場合は携帯やスマートフォンなどに記録しておけばいいでしょう。

そして、携帯やスマートフォンを使ってやらなければならない、さらに大事なことは、事故状況を撮影しておくことです。できるだけ細かく撮っておく事が必要です。

もう一つ大事なことがあります。目撃者がいたら必ず証言をしてもらい、その内容を記録し、その方の氏名と連絡先を教えてもらうことです。

 

4.医師の診断を必ず受ける

 

 

交通事故の直後は誰でもショックを受けています。
どんなに小さく思える事故でもそれは同じです。

自分自身の体についても冷静な判断はできません。
痛みも少なく血が出ていないからといって、けがをしていないとは言い切れません。
その場を離れてから痛みが出てくることは本当によくあることです。

目立った外傷がなくても救急車を呼んでもらい、医師による診断を必ず受けましょう

事故は思いもよらない場面で起こります。
仕事にすぐ戻らなければならなかったり、様々な理由で急いでいたりすることもありますが、後になって医師に診断を受けても、交通事故との因果関係を証明することが難しくなり、損害賠償を受ける事ができなくなる可能性もあります。

 

もし、あなたが交通事故の被害者で、以下に当てはまるならすぐに交通事故に強い弁護士に相談するべきです。

 

 

  • ◎加害者の保険会社からの慰謝料の提示金額に納得がいかない。
  • ◎加害者の保険会社からの過失割合に納得がいかない。
  • ◎後遺障害の認定がされない。等級が低いと感じている。
  • ◎これからの示談交渉に不安を抱えている。

 

交通事故に強い弁護士に相談するメリット

 

 

  • ☆弁護士基準で交渉してくれるので慰謝料が増額になる可能性が高くなる。
  • ☆過去の判例に精通しているため適正な過失割合を提示できる
  • ☆後遺障害の認定の実績が多くあり、有利な等級に認定される可能性が高くなる。
  • ☆豊富な専門知識があるので示談も任せきりにできる
  • ☆すべてをお任せにできるので示談の交渉のストレスから解放される

 

全国対応で24時間受付、後払い可能な弁護士事務所への相談はこちらから

 

※物損事故・自損事故、交通事故加害者の方の相談は受け付けておりません。

 

 

交通事故慰謝料の適正な金額を知る方法

関連記事一覧

交通事故慰謝料の適正な金額を知る方法

交通事故の慰謝料を適正にもらうための方法 交通事故の慰謝料を適正にもらうためには、交通事故慰謝料の...