交通事故慰謝料の適正な金額を知る方法

交通事故の慰謝料を適正にもらうための方法

 

 

 

交通事故慰謝料を適正にもらうためには、交通事故慰謝料の基準をしっかりと理解する必要があります。

交通事故慰謝料とは、交通事故被害者であるあなたが加害者の保険会社から支払ってもらうべき損害賠償金の項目のひとつです。
自分が支払ってもらうべき、妥当な賠償金を理解していれば、保険会社に提示された金額に対してそれが適正なのかを検証することができます。
ここでは交通事故被害者のあなたに保険会社から支払ってもらうべき賠償金の全体像をご説明します。

 

交通事故の慰謝料とは

 

いわゆる「交通事故の慰謝料」というと、ほとんどの人は「賠償金全体」と考えているようですが、「慰謝料」は「賠償金の一部」であるということを理解しておく必要があります。

交通事故に遭った際に、被害者が加害者へ請求できる損害内容は、大きく区分すると、以下の4つに分かれます。

  • ・積極損害(入院費用、通院費用、怪我の治療費など)
  • ・消極損害(仕事を休んだ分の損害)
  • ・慰謝料(精神的・肉体的苦痛に対する損害)
  • ・物損(壊された物に対する損害)

交通事故の慰謝料とは、交通事故被害者の精神的・肉体的な苦痛をお金に換算したものといえますが、特に精神的な苦痛を数値・金額化するのはかなり難しい問題です。
そこで、数値化の基準として『自賠責保険基準』『任意保険基準』弁護士基準の3つの基準があります。

 

交通事故の慰謝料を算定する3つの基準

 

 

1.自賠責基準

自賠責基準とは、「自賠責保険」によって定められた基準のことです。

自賠責保険とは、自動車を運転する人が法律で必ず加入する事を定められている保険のことです。
交通事故が起こった際、お金がなくても損害賠償を払えないという事がないように最低限の補償をするために設けられた保険です。
まず最初に自賠責保険から保険金の支払が行われるため、自賠責保険基準は交通事故が起きた場合の最低限の補償基準となっており、3つの基準のなかでも最も低い基準となっています。

 

2.任意保険基準

任意保険基準とは、任意保険によって独自に設定されている基準のことです。

非公開とされているので詳しい金額は知ることができません。

任意保険は、自賠責保険で賄えない賠償金を補償することができる保険です。
一般的に「自動車保険」といわれているものがこの任意保険にあたります。
自賠責基準よりは高い金額で相場基準が定められていますが、保険会社によって設定基準が異なり、非公開である事から基準が出しにくいという問題があります。

 

3.弁護士基準

弁護士基準とは、裁判所基準とも呼ばれ、裁判所の過去の判例をもとに算出された基準のことをいいます。

東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表しているもので、慰謝料額の算定基準として運用されているものです。
自賠責基準や任意保険基準と比べて、公正かつ客観的な判断に基づいており、金額の基準も最も高額となっています。

 

 

弁護士に依頼することで弁護士基準での慰謝料を請求することができます。

 

一般的に弁護士基準での慰謝料の請求基準は、自賠責基準の2倍以上で設定されています。

 

全国対応で24時間受付可能な交通事故に強い弁護士はこちら

※物損事故・自損事故、交通事故加害者の方の相談は受け付けておりません。

 

 

 

周辺で交通事故被害の慰謝料の増額を相談できるおすすめの弁護士のご案内
交通事故直後の対処方法(被害者版)

関連記事一覧

交通事故直後の対処方法(被害者版)

交通事故直後の対処方法 あなたが交通事故の被害者になってしまった時、きちんと初期対応をとれるでしょうか? 事故に...